関西Node学園#5に登壇しました。

皆々様、お久しぶりです。じーこです。

先日(2/1)にサイボウズ大阪オフィスにて開催された関西Node学園#5に参加しました!

connpass
connpass - エンジニアをつなぐIT勉強会支援プラットフォーム
https://nodejs.connpass.com/event/113631/
connpassはイベントやIT勉強会の開催、さらに参加者の集客に便利です。コミュニティやグループの運営やイベントの検索、事前決済もできます。

なお、発表した資料はこちらですー

なぜ登壇してみたのか?

一言でいうと、

一度ある程度の規模のカンファレンス?で技術的なセッションを行なってみたかった

というところに尽きます。

あと、

Vue+TypeScriptの話題は最近の話やしええやろ!

というのも理由だったり…

TensorFlow.jsとかも考えたのですが話しづらいだろう、ということもあってこのテーマにしました。

発表の概要

このスライドでも全てを語っているわけではなくて、簡潔に何を伝えたかったかっていうと、

  1. @vue/cli を使うとVueでTypeScriptが簡単に使えるようになる。
  2. class-style componentまじで最高!
  3. 最初はanyばっかでいい、TypeScriptで書き始めることが大切!

に尽きます!(最後のは僕の経験談に近い…)

登壇してみて…

テストとかレポート期間と重複してしまったため、十分な準備という点では反省があります…

これについては、もっと早めに資料を作るとか、発表練習するとかしないといけないですね…

ただし、個人的によかった点もあります。

時間内に発表が終わった

自分の好きなものについて喋ると、どうしても熱中しちゃって時間とか忘れちゃいます。

そのため、時間内に発表を終わらせるのって実は難しかったりする。

特に今回は登壇者数の関係で結構時間がシビアでした…

そういった点で、時間内に終われたのはよかったのではないか、と我ながら思ったりしてます。

普段話さないような人から情報を得られた!

イベント終了後に質問をしてくださった方がいます!

これがわからない、というよりは

こういう方法でもできるんでない?

という感じの、新しい視点の提案です。

こういうのって、こちらから何かしら意見なり情報を投げかけないと出てこなかったりする。

あと、自分ではなかなか気づかないことも。

こういう意見言ってくれる人は貴重だったりします!

あと、

この考え方は確かに正しい!

と言ってくれた方もいて、正しさの証明?とかにもなりました。

最後に

やはり登壇するっていうのは大切ですね、特に伝える力とか、自分の理解力にも繋がるし…

ということで次回の関西Node学園でも何かネタ見つけて喋ります!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする